秋の光

もみじ狩りでもしたいですね。
子供と一日外にいても、一緒に体を動かさないと寒くて死にそうになります。
一緒に遊べるフリスビーなど導入してみましたが、やってみるとなかなか難しい。
大昔、学校の遠足でフリスビーのゴルフ?みたいなものをやっていたときは結構自分も練習していたような気がするのですが、もはや老体には前世の記憶のようです。
むむ。


里中哲彦『日本人のための英語学習法』

を、読みました。

方法論の本は読みすぎてもいけないけれど、ある程度はわかっていないと自己流で無駄な努力ばかりしてしまいがちです。本書は、過去の学習法本も参照しながら、日本人として英語を学ぶことに焦点を絞った最大公約数の決定版と言っていいと思います。

・大きな声で何度も音読
・わかるものをしっかりリスニング

もうこれしかないよ! わからないものをいくらたくさん読んでも、いくらたくさん聞いても、わかるようにはならない。これは多読多聴神話をぶち壊すいい機会になりました。もちろん子供が言語を習得するときは多聴から入るわけですが、その「多」のレベルを定量化せずしてぼくたちが同じことをやろうとすればほんとうに英語でやりたいことをやる前に寿命が尽きてしまう。日本人にとって英語はあくまでも道具であり必要悪。でもそう割り切ったときに到達可能な目指すべきある地点がおのずと見えてくるような気がします。良書!


上野動物園

上野動物園は何度行っても楽しいなあ。パンダはものすごい行列だったので諦めましたが、なんかまた新しいパンダ小屋を作っているようでした。


↑運行を休止したモノレール。動かないけど駅に停まっていてホームまで降りて近くで見られました。どうも最近こういうのには涙腺が弱い。


↑しっぽと鼻を連ねて家に帰る象たち。


↑なんかツイッターで出回っているのを見た気がする。藝大生のコラボ作品。


田口ランディ『できればムカつかずに生きたい』

を、読みました。

20代前半から半ばの頃、まあ言ってみれば人生の暗黒時代に田口ランディと香山リカをむさぼるように読みまくっていた時期があります。あれはなんだったんだろう。近所のある本屋に行って、どっさり買い込んで朝から晩まで読んでいました。あれはなんだったのだろう。それまでぼくの読書体験というのはいわゆる国語便覧に載るような大時代の小説を読むことがすなわち読書でした。同時代の作家なんて読む機会がほとんどなかった。ましてやエッセイなんて。でも、あの時代、今生きている人の、生きている言葉がどうしようもなく読みたかったのだろうと思います。そして、田口ランディさんはその後大学の授業でお目にかかる機会もあり、個人的には非常にぼくの精神のある部分を──それは、吉本ばななも同様なのですが──確実に形成しています。今挙げた作家はその後の毀誉褒貶も激しくて、最近の作品はまず読むことはなくなってしまったのですが、どうも最近老け込んだらしく、かつての読書体験を追体験したいと思いから、いま本棚に生き残っている10年選手のホコリを払って再びページを開こうとしています。それはたぶん今がまさに同じように変化を求めている時期だからなのかもしれません。


堀江敏幸『戸惑う窓』

を、読みました。

のっけからこのタイトルに隠された一つの洒落──「とまどうまど」という言葉に「まど」が二つあることが明かされながらも、この「窓」をテーマとしてややこじつけな章もありながら、エッセイ風の散文が並んだ作品です。物理的な窓にも様々な種類があり、現実の窓をめぐる章もあれば、それを通じて何かを見る/見られるというまさにその二重性を巧みに比喩として扱った言ってみれば「窓性」をめぐる章もふんだんにあり、いつもながら読ませる文章が並びます。作者はかつてはやはりお家芸のフランス文学からの引用が多かったのですが今作はかなり日本の文学も引かれています。

それにしても窓という装置は、必ずなにかの風景を思い出させるものがあります。しかもそれは必ず本筋から外れた景色のはずです。なぜならぼくたち合理主義者は窓の外を眺めるという行為を必ずそれを目的的になすはずがないからです。たとえば大学の大教室で授業を受けていたときにふと見上げた秋の梢の葉がそよぐ教室の天窓であったり、あるいは出張の、しかも海辺を走る特急列車に乗ったときにふと手元の資料から目を上げて感じた海のきらめきであるとか、あるいはたぶんもう今はないのであろう喫煙車両の匂いも含めて──。そういうふとした瞬間の眺め、あるいはそれを眺めている自分の姿が、なにか物語の本筋から外れた踊場で思い出されることが多いように思います。だから窓の窓性というのが、すごく、時には胸を締め付けるくらい、この少し寒くなってきた外気も手伝って思い出を刺激するのだろうと思います。


東京モーターショー2019

に、行ってきました。いろいろ言われるモーターショーですが、ここでしか見られないものがあると思うとやはり行かねばなりません(半分仕事)。心なしか電動バイクの新興企業が目立っていたように思いました。

テスラの車は前にも荷物が乗るんだぜ!


マルティン・ブーバー『我と汝・対話』

を、読みました。

かつて十代の大昔、私はマックス・ウェーバーとマルティン・ブーバーの区別がつかないこともありましたが・・・。

正直言って宗教哲学的な観点からは勉強不足でほとんど読めていないのですが、この「対話」の必要性については全共闘以来、現代に至るまで課題意識としては脈々とあるはずでしょう。特に、本書が書かれたのは第一次世界大戦後、宗教というものがあるいは神というものが信じられなくなってきた一方で人間中心主義に対する不信感も同時に濃厚になってきた時期なのだと思います。神なき時代に何を寄り代にして人間たちは回復していかねばならいのか? それこそが対話であり、対話的な態度なのだろうと思います。


東洋文庫

家から近いのに行っていなかったので行ってきました。
写真はミュージアムの入り口なんですが、どちらかと言うと雰囲気重視でした・・・本にも触れてはだめなようでしたので。まあでも久しぶりに古い本の匂いを嗅げてなにより。

展覧会は北斎。江戸の版本を目にするのもこれまた久しぶりでなかなかおもしろかったです。