読書日記

開き直って読書日記をつける。
若干、桜庭一樹の読書日記に感化されている。

吉本ばななの中では『王国』が一番好きな小説なのだけど、『アムリタ』は『王国』をVer.3だとしたらVer.1みたいな感じです。Ver.2はなに? というつっこみも聞こえてきそうですが。。。 

とまれ、正直に言って難解な小説でした。あとがきを読むとこの作品は作者にとっては「最悪の時期」に書かれたもののようで、確かにこの小説は生と死のギリギリの線上に置かれています。

主人公は記憶喪失の状態からはじまって、いろいろなきっかけから自分を取り戻していく…という単純な読み方は全然できなくて、とにかく後期のスピリチュアルな方向に行く萌芽のようなものも色濃く出ているし、作者の十八番である強い倫理観もそこここに見え隠れする。

この作品は完結した一つの物語として読むのがなかなか難しいのだけど、作者の前期と後期の作品群をつなぐ大事な位置にいるんじゃないかと思う。これがなかったら後期(っていうか中期っていうか)の、そうだなあ、『デッドエンドの思い出』あたりまでの見通しが立たなかったようにも感じます。再読の必要ありかな。

最近の若者は自己チュー論集。少なくともぼくの周りにはこういう人たちはいないのだが……一般論というよりはこんな人いました的なケーススタディ極論派の本です。

三年前に読んでおきゃよかった。今になって読んでもあまり新鮮みが無くなっている自分にむしろがっかりする。

現役サラリーマンの著書ということだけあってなかなか説得力のある本でした。この著者のメールマガジンが面白くて本も買ってみたのですがなかなか身に覚えのあることばかり書いてあります。

けっきょくは考え方次第なんですよね。上司の使い方とか、周りが残業しまくってて帰りづらい時の対処の仕方とか、有給休暇を申し出るタイミングとか、なかなか役に立ちます。役に立つだけでなくて、一貫した哲学が感じられるのがgoodです。

濃い内容だったな。。。サブカル漫画家三人のあてどもとめどもないおしゃべりの記録。後半、魚喃が冴えまくっている。

映画化原作。美術学校の生徒と講師の恋愛譚。夫が出てきてから面白くなるのかと思いきゃのところで別れちゃうのが残念。サブキャラが(たぶん映画だと青井優の役)あんまり物語に参加していないのも残念。とりあえず年上にふられたばかりの男子は読むとせつなくなること間違いなし。でも……永作博美のイメージではないなあ、うん。

新直木賞作家桜庭一樹をとりあえず読んでみようと思い立った。でもラノベの棚はとにかく未知だ。なに文庫があってどういう作家がいるのか皆目見当がつかない。表紙の絵が恥ずかしい。でも中身はけっこう猟奇的。テレ東の深夜ドラマにありそうだ。

で、二冊目。最近マイブームの〈田舎のどんづまり〉も良く描かれている。砂糖菓子…とテーマ的には通ずるものはあるけれど、断然こちらの方がよい。最後の一行にたどり着いたとき、腹の底から叫びたくなってしまう。

村上春樹訳、とはなかなか思えないほどハルキ臭のしない訳文。けっこう原文に忠実に訳されているのでしょうね。映画も全く見たことがなかったのですが、ティファニーという場所が象徴するもの、そしてそれを大事に胸にしまって生きる指針みたいにしているホリーの一言一言にほれぼれします。

目下、桜庭『私の男』、本谷有希子新刊二冊と今更ながら『敗北を抱きしめて』など積ん読中。

以上。


『砂時計』

を、読みました。

うーん、本編の終わり方はちょっと残念。14年かけて元さやに戻るってのはちょっと少女漫画でもいくら何でも、とかそういう話ではなくて、

やっぱり社会人になってからのお話はそれぞれがそれぞれの「強さ」を見いだしていく過程のようにも読めたので、それが結局出発点に戻ってきてしまうっていうのが作中人物達の成長とはとても思えなかった。

大悟の結婚の話がガセだったっていうあたりから物語の流れが急に濁った。あのまま一人でも生きていける強さみたいなものを背負って杏が思い出の世界から巣立っていくというところで終わらせればいいものを……ううむ、納得がいかん。

まあしかしテーマとしてはすごく面白かった。『僕等がいた』もそうだけど(奇しくも別コミだな)、〈田舎=故郷=思い出〉という場所からいかに人間は未来へ向かうのか、未来へ向かうつもりでいて回帰してしまっているのか、それとも現状を維持するのか(現状維持が一番多くの人が進む道なのだろうけど)、そのあたりの選択の仕方がそれぞれの登場人物造形に色濃く出ていてなかなか楽しめた。

映画にもなるそうですね。この前昼間にドラマ版をやっていて面白そうだったので大人買い。


アウトプットのためのインプット

梅棹忠夫『知的生産の技術』、高橋克徳ほか『不機嫌な職場』、本田直之『レバレッジ時間術』、池谷裕二『進化しすぎた脳』、以下茂木健一郎『日本人の精神と資本主義の倫理』『すべては音楽から生まれる』『それでも脳はたくらむ』『脳の中の人生』『すべては脳からはじまる』『意識とはなにか』『ひらめき脳』『音楽を「考える」』『思考の補助線』『脳を活かす勉強法』『脳と日本人』『生きて死ぬ私』、よしもとばなな『王国』1~3、田村仁人『アタマが良くなる合格ノート術』、ひよこ舎編『本棚』、ウォルフレン『人間を幸福にしない日本というシステム』、横田増生『アマゾン・ドット・コムの光と影』、羽海野チカ『三月のライオン』、辻邦生『安土往還記』、阿部謹也『自分の中に歴史を読む』、松岡正剛『知の編集工学』、橋本徹『まっとう勝負!』、村上春樹『ふしぎな図書館』

ざっとここ最近読んだ本。
なんというか、読み過ぎ……。
これだけインプットをしておきながらアウトプットが何もできていない自分が嫌なのです。オラオラこんだけ俺は忙しいながら読んだぜ、なんて自慢めいたことは1ミリもない。とりあえず何でも良い、やたらめったら読みまくるのは若いうちだけの特権であって、というのはつまり本の目利きとしての力が全然ついていないときの特訓方法なのであって、社会人になって金があるぜとばかりに本ばかり買い込んで日がな一日読みふけっているのは幸福なようでいてほとんど痴呆状態に等しい。なんというか、何時間もテレビを見ているのとおんなじ気がする。もちろん読書よりもテレビ視聴の方がパッシブだなんて議論は良くあるけれど、ここで問題なのはやっぱりインプットとアウトプットとのバランスが全く崩れているということ。

最近まともな小説何一つ書けてやしない!

というか、文章自体まともに書けていない。

これは危機ですよ。

だいたいぼくのこれまでの人生を振り返ってみて阿呆みたいに本ばかり読んでいた時期というのはほとんど何もアタマを使っていない時期なのです。使いたくないと決め込んだ時期なのです。現実がどうしようもなく嫌になって逃避したい心理の表れなのです。右から左へページをなぞるだけで、その実何もアタマには入っていないのです。咀嚼していない。

でもなんというか、脳関連の本ばかり読んでいました。どこかでブレーキをかけているんです。これが漫画をもう一度一巻から読み直すとか、文学史をもう一度勉強し直すとか、源氏物語にいよいよ手を出すとか、そういう状態だったらもう社会復帰は望めなかったかもしれない、なんとかしたい、なんとか今の状態を脳の観点から突破したいと必死にあがいているのかもしれない。

まあそれでも、ほとんどas a dead bodyでページを繰っていたわけですが。

機械的に蛍光ペンで線が引かれた読み終わった新書の山を眺めているとものすごい脱力感に襲われる。ただ読んだだけじゃないか。読み終わるためだけに読んだんじゃないか。明日からの生活のためになにか一つでも前向きになれるなにかを見つけられたのかい? いや、そこには書いてあるはずなんだ。ゆっくりと噛みしめるようにして読めばそれはわかるはずなんだ。あんたがせかせか急いでいるあまりに見落としているんだ。

この脱力感は毒だ。もう一冊も本なんか読んでやるものかと思う。世の中にはまだまだ読んでいない本がたくさんある。そのすべてを読むことはできないし、その一冊を読む前に読むべき本がたくさんあるはずだということもアタマではわかっている。

ただどうにも、心の渇望を満たすなにかが得られない。一冊読み終わるたびにその渇望は大きくなる。もしかしたらぼくの求めている答えが書いてある本なんてこの世には存在しないかもしれない。

だからこそまず最初にアウトプットがあるべきなんだ。

そのためのインプットという考え方が圧倒的に抜けている。

・とりあえずサラのファイルを立ち上げてよ
・インプットを絞り込む
・再読三読を読書の中心に据える

という方針で三月以降は行きたいと思います。
こうやってブログに書いておくことが大事だね。