「ノルウェイの森」的寮生活

土曜日になると寮生は東京にいる恋人のところへ行ってしまうから、いつでもぼくは一人でだだっ広い風呂に入ることになる。風呂から上がるとビールを飲みながらロビーにあるステレオでメンデルスゾーンを聴く。ときどきショスタコーヴィチも聴くのだけれど、そういう時は決まって飲み過ぎてしまうんだ。……

たとえばこんな書き出し。そんな風にいちいち散文的にとらえなおさないと寮生活はやってられません。あくまでも通過点としてとらえたいから居心地よくしすぎてもアレだしね。ちょっとした違和感と、ちょっとした快適さと。

今日は同期の川□君に車を出してもらって部屋に置く観葉植物を買ってきました。サイゼリヤでお昼を食べていたら技術系同期の人とばったり会うし……みんな行くところはおんなじです、選択肢も少ないので。

爪を切ったらキーボードを打ちやすくなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。