藤子・F・不二雄『箱舟はいっぱい』

ドラえもんに至るという道というのか、そもそも藤子・F・不二雄の興味関心の核心がやっぱりこのあたりにあるとドラえもんというのはずいぶん大衆迎合的というか、商業的にあまりに成功した作品だったんだなあと感じ入ったりします。同時代の人たちはどうやってこの作者の作品を受け入れていったんでしょうね。そういうのも気になりはしますが、いやもう、ただ単純に「面白い」! という感想です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。