Kindle Direct Publishingをやってみた その3

引き続き旧作をサルベージ中です。一応通読して書き直しているのですが、ガラケーを前提とした描写はもういまさら書き換えられないですね。スマホ普及前のちょっとだけ不便だけど、まだまだ電話というものが魔力を持っていた時代の物語ということでしょう。

本の表紙デザインを考えるのも実に楽しい時間です。中身が伴っていないのはいったん置いておくとして……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA