ユニット折り紙 その11

こりずに再開。

「バラ」。12枚の小規模ながら、「3~4回ねじってください」という指示が、ねじった状態を固定させるということなのか(それは実質不可能なのではないか?)、それくらいの回数ねじってクセをつけてくださいということなのか最後までわからなかった。本の写真のゴージャスさとは程遠いので多分間違っている気がする……。

「ダリア」。この本で最高の難易度だった。難易度というのは違う、単に手間がかかると言うだけか……。この複雑なユニットを30個も折らせて組み上がらなかったらどうしよう……という不安と戦い続けた。しかし出来上がりははっきり言ってごてごてしすぎていて、「なんかがんばったね」という感じでしかなく、ユニット折り紙としての美しさとずいぶんかけ離れているような気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。