脱稿

数年かけて書き続けていた小説にようやくけじめをつけた。まあ、ごくごく個人的な話を書いているだけなので小説としての価値なんてほぼ無いに等しいのだけれど、書きながらもこれだけ書き綴ってきた期間が長くなると同一のモチーフに対しての考え方がだんだん変わってきて、途中で大部分を削ったり、あらすじを大きく変えてしまったりした。そういうことはこれまであまりなかったのだけれど、まあしかし原稿用紙換算で450枚。なんとか飽きずに走り抜けた。完結させた。機会があれば、またこのホームページで公開できればと思います。

しかしもうなんだか、小説を書くという趣味もこれ以上長く続けられないような気がしてくる。書くことは好きなんですが。もうしばらく書きたいという衝動は湧いてこないような気がするし、それを維持するのがとにかくしんどい。まあそれは書いている内容よりも現実の生活のほうがよっぽど忙しくて充実しているということなのかもしれないのですが。まあ、書くなら万年筆でちびちび短編をまたいくつかかきためたいですね。さいわい、何年も前に買った原稿用紙がまだ200枚近く残っておりますので。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。