ぷんぷん

なんかひさしぶりに通読してしまった。田中愛子の存在も大きいけれど、読み返してみると南條幸の物語もけっこうこたえるものがあるな。何重にも何重にも、サブカルクソヤローな自分を嘲笑しながら、そうやって嘲笑している自分をまた嘲笑するような。いつか体力と気力が蘇ってきたらちゃんと「ぷんぷん論」を書いてみたいと思っていたけれど、もうあの焼け焦がれるような焦燥が身近なものとなっている自分をこれ以上想像することは出来ないだろうなあ。かといってマンガの技術論みたいなものはぼくはわからないし。ただ、何度も読み返しては、「あの頃」を蘇らせることにしか役に立たないのだとしても、書架から消えることはないのだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。