自己紹介って難しい

昨日今日と配属別の研修があり、今日はとりあえず若手先輩社員との懇談も兼ねた飲み会でした。さすがに飲み過ぎには注意しました。周りからも「今日は飲み過ぎないでよ!」と相当言われるぼくって一体……。

それにしても自己紹介は難しいもんです。大抵は事前に知らされて「自己紹介させるから考えておいてね」との指示があるんですが、やっぱり一分という短い時間の中で笑いを織り交ぜつつ自分を印象づけるのって難しいです。

村上春樹が自己紹介について自分について語るよりは自分以外の別のもの(好きなものとか)について語るとそれが自然と自己紹介になるとかなんとか言っていて、いつもそれを心がけているのですがそれもいつでも成功するわけじゃないし……。

今日はとりあえず「目標としては社長になりたいです」と言ってみたんですが割とこれは功を奏し、先輩方どころか「長」のつく方にも覚えていただけました。まあ、周りのみんなが割と真面目に配属先の希望を述べていた中だったので「空気が読めてない」という評価もあったんですが「あれで素になれたよ」と言ってくれた同期もいて、それはそれでよかったのかな。

そしてなんと今日はぼくが就活していたときにリクルーターをやっていた方がいらっしゃって(就活当時は会わなかったんですが)、いろいろとあの当時のぼくの評価について聞かせていただきました(今年はぼくみたいのがいないと本社ではぼやいているそうだよ、ははん)。なつかしいと同時に気の引き締まる思い。やっぱり原点と言うか、初心と言うか、そういうのって忘れちゃダメですね。配属先が決まってメールアドレスをもらったら真っ先にあの時お世話になったリクの人にお礼メールを書きます、ハイ。

研修内容もだいぶ専門的になってきました。そのままこのブログに転記したらあんまりよくなさそうなこともちらほら。そのへんは節度を持ってやっているつもりなのでご安心を。

土日は給与明細を眺めてにやにやしながら過ごすことにします。


自己紹介って難しい” への2件のコメント

  1. オイラも自己紹介を何度もやらされたよ~…。
    自分を語るのは苦手だよ。「真面目に」って制約が無ければ
    ハジけたのが出来るかもしれないんだけどね(笑)

  2. そうかあ、性格によるのかな。ぼくは真面目にはできないです、ふだん真面目だから(笑)

    黒板に名前をでっかく書くか……
    —–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。