MySQLバージョンアップ顛末

あんまりというかほとんど得意分野ではないのですがワードプレスのデータベースMySQLのバージョンを5.6へ更新しました。とにかく素人にはクソ大変でまる半日仕事になってしまいました。

今使っているロリポプランはデータベースを1つしか持てない一番安いプランなので、一度エクスポートしたあと既存のデータベースを一度削除してバージョンを更新し、そこにエクスポートしたデータをインポートするというひやひやものでしたが、当然ながらこれがぜんぜんうまくいかないのなんのって。

基本的な手順は下記のサイトを参考にさせていただきました。
https://mbdb.jp/hacks/database-mysql-update.html
ただ何度やってもインポートがうまくいかない。

↓も試してみたんですが一発でうまくいかず、
https://ameblo.jp/rifie/entry-12369199691.html
良くわからんのですのが何回かトライしていたらなんかのタイミングでうまくいき、とりあえずデータベースは更新。

ところがここからかんじんのワードプレスにログインできない。ログインできないというより、パスワード変更のメールもうまくいかなくって、そもそも管理人として全く認識されていない様子。
https://incloop.com/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%A6%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%92%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC/
上記がすべてを物語っていました。まずインポートしたデータのユーザに関係するテーブル接頭辞がコンテンツと違うものになっていてそれを修正。それでもうまくいかないので再度よくよく見てみたら、このリンク先にも書いてありますがusermetaテーブルの中にもまた接頭辞を指定しているパラメータがありこれも修正が必要ということで、またちまちま修正するとようやくダッシュボードにたどり着けた!!!!!!! ついついガッツポーズ。

はあ、世のIT屋さんには本当に頭が下がります。そもそもこの時代に無料のサービスもたくさんある中で、自前で金払って管理できもしないデータベースをド素人が抱えておくことにどれほどの意味があるのか疑問に思えてきます。ブログサービスだって有料プランだったらこの辺のことは会社の人がやってくれるんですよね・・・? このデータベースのバージョンアップのたんびに一日丸つぶれで検索しまくるのはあんまりよくないなあ。ただ会社のサービスってある日突然無くなっちゃうんですよね。それは以前にも書きました。それが嫌でぼくもいろいろ渡り歩いて今の形に落ち着いたわけなんですが。ただ素人と言いながらこのへんのリテラシーはもしかしたらこれからの時代むしろ最低限身につけておかなければならないものなのかもしれませんが。

改めて令和の時代、今後なお10年、20年とブログを書き続けていこうという人はどういう形態で続けていくべきなのかちょっと考えてみたいと思っています。

ついでにPHPも7.3にしてみましたが、どうもいくつかのプラグインが干渉して表示が崩れる。やれやれ……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。