そうするしかどうしようもないところで人は生きているんだ。

何かを「主体的」に「選択」できると思ったら大間違いだ!

でも、それがどうしようもなく、生きているっていうことの美しさじゃないか…。