カテゴリー別アーカイブ: ゴルフ

ゴルフ練習再開

今年もコンペの季節がやってきました。

練習場にも足を運び始めましたが、なんとなく自分なりにコツがつかめてきたような気がします。本にはいろいろ書いてあるのですが、書いたことを文字通り「体得」するに至るまでには試行錯誤が必要だよなあ。前も書いたかもしれませんが、本当に読めば日本語としてわからないところは一つもないのですが、それをあれだけの重いものをブンブン振り回すという行為の中で納得するのはなかなか難しいものです。

今日は、使い込んでいた七番アイアンのグリップも替えてもらいました。近くにお店があってよかった。


部コンペ

とりあえず142で終わりました。うまくいくホールもあったり、パーオンまでは行けてもそこからグタグダになったりすることも多いので、少ない武器(7I,S,A)で戦うにしてももう少しムラの改善が必要と感じる一日でした。それにしても背中が痛い。まあ、自分なりのペースで、これからもやっていくことにしましょう。楽しむことが先決だと、そう思えるようになるまでも結構時間と練習がいるというのはなかなかに味わい深い不都合な真実であったりします。


有給ゴルフ

有給を活用して会社の年齢近い人達と千葉まで行ってきました。台風の谷間で天気も良く、非常に良かったです。

スコアは142でした。個人的には随分と景色が変わってきました。ある程度振れば前に飛ぶ確率が上がってくると、打つ番手も気にできるようになり、この距離だったらこの番手でどのくらいの強さで……というのが、まあそれがゴルフ本来の楽しみなんでしょが、そしてそのいちいちが自分の身体能力を期限とするオリジナルな感覚なので、最終的に決めるのは自分である、というこの感覚もまた面白さの一つなんだろうな、と。ロングアイアンを扱えるようになりたいのと、パターの練習も必要だなあ……。

会社の年に一度のコンペに参加できるくらいのレベルであればもう少し頑張ればなんとかなりそうな気もしてきました。あと一ヶ月ちまちま頑張るとこにします。しかし飛ばせる人はすごいね、飛ばすよね。でも問題はやっぱりトータルなのでパターも同じくらいの精度が問われる。だんだん、面白さがわかってきたような気がします。


なぜ

先週できたことが今週できないのか? あんなに自信たっぷりにブログに進捗報告までしたというのに……! しかもちょっと晴れたからいそいそと練習場に行った途端に大雨で、三階はめちゃくちゃ降り込むし、また晴れたから帰ろうと思ったら急に土砂降りで結局小さい折りたたみ傘さして帰ったけど全身ずぶ濡れになったし。傘さしてるのに頭が濡れるってどういうこと??

というわけで、散々だったわけなんですが、短く持つところまでは良いものの、腰が落ち着かないというか、低姿勢をキープできなかったのが敗因かもしれません。あとあんまり振りかぶらなくても、そこそこで打ったのと同じくらいの飛距離だし、7Iってあんなものなのかしら。

ああしかし、できないと思うと急に焦ってまたドツボにはまっていくのが本当に良くない。精神状態が最悪でも再現性を高めるにはもう今年のテーマである「ゆっくり」を導入するしか無い。とにかくゆっくりだぞ……ゆっくり上げて、ゆっくり下げて、それで充分なんだぞ……。


ゴルフ進捗

なんとなくコツを掴んできたような気がする。

とにかく短く持って、膝をフンワリさせれば当たる。とんでもない方向に行くということはなくなったし、ドライバーに対する恐怖感も随分と薄れてきた。いろいろ指南本やyoutubeで上がっているちょっとしたアドヴァイス動画なんかを見ているうちに、ひとつひとつの言葉と、自分の体の動きとがマッチしてきて、何が一番自分に足りていないのかがだんだんわかってくる。打ちっぱなしに行ってうまく行った時にいろいろメモしておくことも大事だと思った。

最近「開眼」したのは、ゴルフは振り子ではなくてブランコだという言葉。振り子じゃ確かに自分自身では振れないし、そのイメージてやってしまうとトップからいきなり全速力で振り下ろさないといけないような感じになってしまう。そうではなくて、漕ぐイメージ。それは、トップから下ろしてくる時にグインと加速をつけるようなイメージ。漕いで漕いで、ゆっくり落ちてきたものが加速していくような感じ。これは、ある本では「ムチを振るう」と表現されていましたが、当時その表現ではぼくはピンときませんでした。もちろんこの「ムチ」という言葉に対する違和感を感じていたからこそブランコの例えが理解できたとも思うのですが。

そんなこんなで、ちょっとずつ前に進んでいっています。短く持つのはもう、自分にとってのデフォルトとして諦めます。それで特に困らないだろうし。


小泉十三『頭がいい人のゴルフ習慣術』

指南書ではない。ただ、なんというかゴルフに関するボキャブラリをもう少し自分の身近なものにしておく必要があると思い、とりあえず古本でゴルフに関する新書を買い漁った(漁った、というほどではないが)。出張の行き帰りで読了。ほんとサラリーマンみたいで困る。空港のテレビで日本オープンをやっていて、ぼくの前に座っていたおじさんがゴルフ雑誌を片手に休んでいた。そんなふうになっていくんだろうか。


ゴルフ結果

180行きそうでした・・・練習したんだけどなあ。
ドライバーはぜんぜんあらたないし、アイアンも草の上だと練習場とぜんぜん感覚が違って手こずりました。周りが広いと、どうしても身体の動きが大げさになってしまい、練習場のイメージを忘れてしまう。なんといっても下手くそなので急がないといけないので、一打に全然集中できない。よって練習でできたことを忘れてしまう、という悪循環。体に覚えさせないとしんどいなあ・・・。はあ・・・。まだ次があるのが辛い。


2015-09-06

恐怖のゴルフコンペが発動されたので、小雨の中練習に行ってきた。引っ越したので、今までとは別のところ。初めてのところだったけど、日曜の午後ともあっては一番混んでいる時間で、ロビーで30分くらい待つ。待っている間、テレビではフジサンケイクラシックのちょうど最後のところをやっていて、みんな川村選手のパターが外れてしまった瞬間ため息が漏れていた。テレビでゴルフを見るのも、昔は何が面白いのか全くわからなかったけど、なんとなくわかるようにはなってきた。打ちっぱなしは、半年前にいろいろ言われたことを思い出しながら7Iをぶんぶん振り回してなんとなく感覚を思い出したところで切り上げた。片道20分の歩きはキツイけど、値段の割に球数が多いのでいい運動と節約になる。

あと、あまりにyosemiteの調子が悪いので全部クリーンインストールした。ぼくのパソコンはsnow leopardが標準なんだけど、DVDロムで入れなおして、そのあと(マーベリクスを経ずに)yosemiteにアップグレードしたらけっこう安定するようになった。いかんせん熱は半端ないけど。とりあえずテキストエディタで小説を書くだけなので大きな支障はないが、不安定なのは保存に失敗するリスクが大きすぎるのでなんとかしてほしいよ、まったく。


ゴルフ結果

そういえば土曜日のラウンドは148打でした。
朝から職場の先輩にしごかれ、またグリップも少し短めに持ったおかげでドライバーもけっこう飛びました。
あくまで手打ちですが……。相変わらず興味のわかないスポーツですが、去年よりは良くなったのと、多少はコツのようなものがホノ見えてきています。

まあしかしこれでしばらくゴルフについて考えなくてよい日々に戻れるのでほっと一安心です。

やれやれ……。